fc2ブログ
も〜、い〜くつ寝ると〜、お正月〜!

とは日本の年末につきものですよね。
でもこちらアメリカでは、

も〜、い〜くつ寝ると〜、クリスマス〜!というところでしょうか。

アメリカではお正月はあまり大きな出来事ではありません。
1月1日だけがお休みです。
大きな出来事は、とにかくクリスマス!!!
でも日本のように恋人同士だけのことではありません。

サンクスギビングのお休みを過ぎると、クリスマス商戦が活発になり
普段外にでることのない人たちまで買い物に大忙しになります。
まぁ、近年はネットショップの普及によって少し前よりはモールとかも空いてる感はありますが、
それでも街には車、車、車!そして、、、なんと言ってもお年寄りが多く見かけられます。

私もこの2週間、普段あまり買い物とかしないのに、リストを一つ一つ片付けています。
お世話になっている人たちにはもちろんですが、家族へのギフトの準備がまた大変!
日本のお歳暮みたい?!いえ、そういうお世話になっているではなく、毎週来てくれてる庭師の人にとか、
郵便を配達してくれる人にとか、プールのお掃除をしてくれている人とか、そういう日常お世話になっている人たちに
ギフトを贈ります。

もちろん一番大変なのが子供へのギフト!
特にうちの娘の「Wish List」はノート1枚分もあります。。。
全部はもらえないのはわかっていても、もしかしたら!ということなのでしょうか。

私は小さいころクリスマスの朝、枕元にプレゼントが置いてあるのがとても楽しみでしたが、
こちらはとにかく一つのプレゼントではなく複数!なのです。

でも考えてみると日本はお正月にお年玉がありますものね!
お年玉も考えてみるとすごいですよね。
子供だけが楽しい!ということなのでしょうか。。。

アメリカのクリスマスは子供に限らずみんな!プレゼントをもらいますが
日本は子供だけお年玉をもらい、、、大人は3が日飲んだり食べたり???!!!

スポンサーサイト



2014.12.19 / Top↑
子供が小さい頃は日本に行ってデパートの子供のフロアーでよく時間をつぶしたものです。
別にそのフロアーに限らないと思うのですが、女性用のお手洗いに男の子供用のトイレがありますよね。
それはすごいことだと思いました。

アメリカは基本的にトイレのドアが天井から床までというものではありません。
上からものぞけるし、下からものぞけるくらいの隙間があります。
いろいろと事故防止のためとはいえ、慣れるのには随分時間がかかりました。
だいたい、なぜ?ですよね。

トイレでたまに小さい子供が下からのぞいてきたりもしました。
というわけで、何歳からとはいいませんが、ある程度自分で用を足せるような年になると
男の子を女性用のトイレには連れて入れなくなります。

息子が小さい時に二人で出かけるとトイレに行かせるのがとてもたいへんでした。
男性用トイレに行かせてその前で待っているのですが、いつまでたっても出てこない時は
トイレからでてくる知らない男性に子供を見たか?と聞いたりもしました。
その点日本は一緒に連れて入れるからそこのところも少し驚きでした。
日本の場合はトイレの個室に隙間はないのでその点はうまくバランスがとれているのでしょう。

一度働いていたオフィスのビルのフロアーごとのお手洗いに男の子が入っていると問題になったことがありました。
けっこうな騒ぎになっていました。
まだ子供じゃない、と思うのですが、そうはいかないのがアメリカです。
子供といってもやはり男性?!なのでしょう。




2014.12.13 / Top↑
久しぶりです。
私事を記しても面白くないので、アメリカと日本のいろいろな違いについてお話ししようかと。

まず初めは本屋さん!

こちらにも本屋はありますが、基本的に子供は車を運転できないのでしょっちゅう行くことはできません。
もちろん連れて行くことはありますが、最近は郵便でのお届けが主です。

さてもし娘が何か雑誌が欲しかったりすると私に買ってきてと頼んできます。
いわゆるティーンアイドルのゴシップがいっぱい入った雑誌です。。。

雑誌はマーケットで売っているので買い物ついでに買い物かごに入れて、、、
いやだなぁ、恥ずかしい!と思っていたからなのでしょう、案の定キャッシャーのお兄さんが、
くつろいで読むには最高だね!と冷やかしてきました。
いえいえ、娘のためです、と言っても、ははは〜です。

日本の子供たちは自分たちで好きに本や雑誌を買うことができて、
私のようなものにとってはありがたいと思うのですが、変な本も勝手に買える???!!!

さてどちらがいいのでしょうか。
ちなみに私の旦那さんはそういう系の雑誌とアイドルのCDを買うのがとても苦手です。
私の生理用品は買えるのに〜!
2014.12.12 / Top↑
こちらアメリカは昨日大統領選が行われました。

昨日午後3時、ミドルスクールに通う娘が
「オバマが勝ったぁ〜!」
と言って帰ってきたので私は
「え〜〜〜、もう決まったのぉ〜!」とびっくり。

ところがそれは娘の学校で行われた選挙での話。。。

こちらでは大統領選の時はどの学校でも

Mock Election = 模擬選挙

が行われるのです。

ほんとうの選挙のように“投票しました”というステッカーまでくれます。
各々自分の考えで投票します。

我が家の娘はオバマに投票したそうで。
理由は、ラムニーは女性の権利をサポートしない!からだそうです。

4年前の小学校の時もやったのですが、覚えていないようでした。
でもこちらの子供たちはこうやって小さいときから
自分たちのリーダーを決める選挙のまねごとをしているんですよね。

そして18歳になれば実際に自分たちで投票できる!

日本は、、、違いますよね。
2012.11.08 / Top↑
さて皆さんご存知だと思うのですが、
アメリカではみんななんとなくフレンドリーです。。。
お国柄というか、人柄というか、、、なんというのか。

待つのもあまり気にしないほうで、待っている間に列の前後の人たち同士でおしゃべりが始まったりします。
日本とは違いますよね。

私もその慣習に慣れてきたところですが、まだまだ自分から知らない人に話しかけるという事はあえてしません。
でも話しかけられるとちゃんとお相手はします:)

この間いつも行くペットショップに犬たちの食べ物を調達に行ったときです。
キャッシャーのお兄さんが" chit chat=おしゃべり"を始めました。
まずは犬の話、どんな犬、自分の知り合いの犬の話、買った品物の話、そして最後に私の支払いカードから私の素性について。。。。

キャッシャー:「珍しい名前ですね!」
私:「はい、いつもそう言われます!」(実際私の名字はとても珍しいのです。)
キ:「どう発音するの?」
私:「@#$%$#@です!」
キ:「オッケー!」
キ:「(その名前は)どこから来た名前?」(アメリカ人はそういうことをよく聞きます。)
私:「ヨーロッパ!オランダだそうです。」
キ:「(真面目な顔で)オランダ人には見えないね~~~。。。」
私:「----もちろん私は違いますよ。旦那さんの名前だから。。。。私は日本人だし。。。」
キ:「(ちょっとほっとした顔で)そうだよね。」

まじ?????
時々出会うのですが、そういう感じの人たち。
以前日本人はまだ時代劇の中のような生活をしていると思っていた人に会った事もあります。

ここにはいろいろなバックグラウンドもった人たちがいるので仕方がないのかもしれませんね。
私、オランダ人には見えないんだなぁ~~~~~って!
2012.03.08 / Top↑